年代別患者数

年代別患者数

脊柱管狭窄症を訴える人たちの年代別調査結果によると、30代よりも上の世代で増加していることがわかっています。急増するのは50歳前後で、女性の方が男性よりも2倍も多いという報告もあります。

肥満と脊柱管狭窄症は直接の関連性は確認されていませんが、肥満度が高いと脚部の痛みを訴える人が増える傾向があります。肥満が足腰に負担をかけることは確かなことなので、老化とともに注意しなければならない要因であることは間違いありません。

中年以降の女性で間欠跛行や脚部の痛みに悩んでいる人は、整形外科で専門医による正確な診断を受けることをオススメします。

脊柱管に狭窄が起こる最大の原因は、老化に伴う様々な変化によります。主なものとして、椎間板や椎間関節の変化、靭帯の変化が挙げられます。これが50歳前後になると、著しく衰えてくるのです。

椎間板は、椎体と椎間の間にあるクッション的存在です。椎間板の中心部にある髄核に含まれている水分が減ると、椎間板の弾力がなくなって古いゴムのような状態になるのですが、このゴムに当たる線維輪の一部が脊柱管の内側にせり出すと、脊柱管は狭まって神経が圧迫されるようになります。

椎間関節は、椎骨と椎骨を椎弓の横一線につないでいる関節です。加齢とともに、この関節の軟骨部分はすり減ったり、周囲によけいな骨が増殖したりします。それにより、増殖した骨の部分が脊柱管の中にせり出すと、神経根などが圧迫されるようになるのです。

靭帯も老化と共に弾力がなくなり、たわんできます。体を後ろに反り返らせたときなど、靭帯のたわんだ部分が脊柱管の中にせり出して、神経を圧迫するようになるのです。