急性腰痛症 とは

急性腰痛症 とは

急性腰痛症(筋膜性腰痛症) とは、所謂ぎっくり腰の「症状」のことです。
腰部に痛みがあるものの、原因は内臓疾患でもなく、レントゲン写真を撮っても異常が見られないというものの総称です。

ドイツ語で「魔女の一撃」とも呼ばれているほど、突然の激痛に襲われます。
重く張ったようなだるいような痛みが続き、慢性化する場合もあります。

不用意に体をひねった時、重いものを中腰で持ち上げた時、前傾姿勢をとった時などに起こりやすくなります。

筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れが原因です。
長時間にわたって同じ姿勢、無理な姿勢をしていた時に起こりやすく、女性では月経時に骨盤や背骨の靱帯が緩むことが原因で、急性腰痛症の症状が出ることもあります。

また、運動不足や肥満、蓄積された全身の疲れなどにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こす事も原因として考えられます。

「対処方法」

横になることが出来るのであれば横になり、少しでも楽になる姿勢で安静にします。
病院に行ける状態であれば病院で診断をしてもらえばいいのですが、急性期はなるべくなら動かないほうが賢明です。

先ずは安静にして、患部を冷やします。
保冷材や氷水を入れたビニール袋を、痛む箇所に約10分間当てては10分外すという作業を繰り返し行って下さい。

冷やしすぎは禁物です。途中で痛みが強くなるようであれば中断して下さい。
下肢に痛みや痺れがあり、それが酷くなっていく場合は、早急に病院での診断を受けて下さい。
また、痛みが引いた後は冷やしてはいけません。

「予防法」

ぎっくり腰は一度なると、くせになって繰り返す場合もあります。

日常生活では

・正しい姿勢を心がける
・急な動作を避ける
・疲れを溜めない(ストレッチなどで筋肉をもみほぐす)
・適度な運動をする(散歩やウオーキング、ラジオ体操などを継続して行う)
・肥満に注意する(規則正しく、バランスのとれた食事をする。無理なダイエットは禁物)
・寒さ対策に気をつける (冷房の冷え過ぎも要注意)

などを意識して生活してみましょう。
何かしら精神的にも安定してくると思います。
それが、腰痛全般に効果をもたらしてくれます。