変形性脊椎症

変形性脊椎症

腰椎は、背骨のうちで腰の部分を構成する骨で、5つの椎骨からなります。
一番上が第1腰椎で、一番下が第5腰椎となります。
それぞれの椎骨の間には椎間板が挟まっていて、クッションのような働きをしています。

加齢により椎間板が変性し弾力性が失われると、クッションとしての役割が果たせなくなります

椎間板のクッション作用が弱くなると、椎骨同士が擦れ合ったり、椎間関節がすり減ってきてしまいます。
そのため、椎骨には刺激されてできる骨棘と呼ばれる骨の突出ができたり、椎骨の並びにズレが生じて変形していきます。
これが変形性腰椎症です。    

腰椎における年齢的な変化で、そのおもな原因は椎間板の変性です。
椎間板が変性を起こすと、車のタイヤの空気が抜けたような状態になってしまい、クッションとしての役割が果たせなくなるのです。

この状態で腰椎に様々な負荷が加わると、腰椎自体がその負荷を吸収しきれずに、その他の骨や筋肉に生理的範囲を超えた負荷が加わるようになり、腰痛などの症状が現れてきます。

変形性腰椎症には進行の程度には個人差があり、症状の出方も様々ですが、おもな症状は腰痛です。

長距離を歩いた時、長時間にわたって同一姿勢をとっていた時、転んだり重い物を持ったあと、などに痛むのが一般的で、椎間板や椎間関節に由来する腰痛です。

何らかの誘因の直後に痛むことがありますが、高齢者の場合は2日~5日くらいたってから痛むことも良くあります。
歳をとると痛みは後からくるという話を耳にすることがあります。

痛みは、腰から臀部にかけての広い範囲に感じ、手のひらをあてて痛む範囲を示すことはできますが、指をさしてポイントで限定できないのが特徴です。

他の症状として、腰の湾曲がおこってきます。

腰の骨に変形が起こると姿勢が悪くなります。姿勢の悪さは椎間板や椎骨にも悪影響を及ぼし、椎間板や椎骨自体が左右非対称に変形することがあります。

腰椎は、正常な状態では軽く前方に湾曲していますが、椎間板や椎骨自体の変形によって、腰椎が後ろに曲がって後湾(こうわん)の状態になります。

そのため、腰を曲げた前屈みの姿勢になり、腰痛の原因となります。腰椎変性後湾症という疾患です。
また、側方に曲がって側曲(そくわん)が起こることもありますが、これらは一般に痛みがなければ問題はありません。

変形性腰椎症は全く症状がなく、腰のエックス線写真で偶然発見されることもあります。
しかし、変形性腰椎症が進行し腰部脊柱管狭窄症が起こると、腰痛や下肢痛、坐骨神経痛の痛みが起こり、また休み休みでなければ歩くことができなくなってしまうなどの症状が出てくるようになります。