間欠跛行とは

間欠跛行とは

間欠跛行は「歩き始めは無症状であっても、しばらく歩くうちに腰から脚部にかけて、しびれや鈍い痛みが生じたり、ふくらはぎが張って前に出なくなり、しばらく休みとしびれや痛み、張りが自然になくなって、再び歩けるようになる」といった症状のことです。たいてい左右どちらか一方の脚に限られますが、両足に生じる場合もあります。

間欠跛行は、腰部脊柱管狭窄症を特徴づける症状ですが、それ以外の病気によっても起こります。腰部脊柱管狭窄症による間欠跛行を「神経性間欠跛行」といい、血管性間欠跛行(血行障害などを原因とする)や脊髄性間欠跛行などとは区別されています。

間欠跛行の症状がでやすいのは、腰や背を後ろに反らした姿勢のときであり、背を丸めた姿勢では症状が消えます。後屈姿勢は前屈姿勢に比べて脊柱管を狭めるから起こるのです。つまり、腰をかがめた姿勢のときはあまり圧力がかからなくても、腰や背を反らした姿勢では脊柱管の内腔がより狭まって、神経に対する圧力が強くなるのです。

また、跛行とは歩くときの症状を意味しますが、脊柱管が狭まり神経に圧力がかかるような姿勢をとれば、歩いているとき以外にも起こります。例えば、電車の中でも立ち続けたとき、キッチンで炊事中のとき、仰向けで寝ているとき、など腰から脚にかけてしびれが起き、立っていられなくなる、といったことが起こります。