腰痛に伴い病院で行われる画像検査

腰痛に伴い病院で行われる画像検査

病院に行くと腰痛の症状を調べるために様々な検査を行なうことになります。中でもX線撮影やCT、MRIなどといった画像検査は、病症を正確に確認するための手段として多く用いられます。ここでは腰痛治療のために行われる主な画像検査の詳細について説明します。

【X線検査】

椎骨や脊椎版、椎体や椎弓、椎間関節の形態などの異常を調べる検査です。脊椎の変形、変性すべり、分離すべり、脊柱湾曲、靭帯の骨化、などの異常や病変の度合いが把握できます。また、骨折や腫瘍(癌)、骨の炎症などの発見も可能です。

立った姿勢のまま、正面と側面からの2方向から撮影するのが基本となり、加えて右斜めと左斜め方向の撮影も行います。また、椎間板の障害やすべり症の疑いがある場合には、腰を前後に反らした姿勢で、横から撮る前屈及び後屈機能検査が追加されます。

【脊髄造影検査(ミエログラフィー)】

脊髄造影検査では、クモ膜下腔に造影剤を注入します。かつては刺激が強く副作用も目立つ油性ヨード系ゾウ経済が使われていましたが、刺激が少なく安全性の高い非イオン性の造形剤が開発されて以来、安全度が高まり容易に行えるようになりました。

脊髄造影検査は、造形剤を腰から注入して病変部に集めて撮影し、造形剤が充満されずに欠けている場所、程度などから圧迫性病変を調べる検査です。患者の姿勢を変えることにより、造形剤を移動させて病変部の状態の変化を追っていくことも容易にできます。

CTやMRI装置の普及によって実施される機会が減っているが、病変部の圧迫状態を詳しく捉えるのに威力を発揮するので、この検査の重要性は現在も健在です。

【CT検査】

CT検査とは、輪切りにしたような体の横断画像を撮る検査です。CT検査は骨の病変を調べるのに最も有効な検査法ですが、精度の良い機種ならば椎間板や神経の状態も調べることが可能です。

CT装置は多くの施設で利用されていますが、上記の脊髄造影検査と組み合わせたCTMといわれる検査も多く実施されています。CTM検査とは、CT検査と脊髄造影検査の利点を兼ね備えた検査です。「CTMを行います」と言われたならば、脊髄造影検査も一緒に行われると判断してください。

【MRI検査】

 MRI検査は、患者の苦痛が少なく、椎体、硬膜管、血管、神経根、馬尾の1本1本、など多くの情報が鮮明な画像で得られるので、近年では多くのケースで用いられています。反面、得られる情報が多すぎてかえって診断が難しくなるというマイナス面もあります。