腰痛で処方される薬

腰痛で処方される薬

【消炎鎮痛剤】

一言でいうと痛み止めです。多くの種類があり、効き方も個人差があります。医師は患者の病状を判断して、最適と思われる薬剤を処方します。消炎鎮痛剤というと、一般的には非ステロイド性鎮痛薬というグループのものを処方されます。消炎鎮痛剤には薬効の強いステロイド薬がありますが、長期間服用し続けると、骨髄にダメージを与えるなどの副作用がでるので、多くは利用されません。

非ステロイド系でも長期間服用し続けると、胃潰瘍、悪心、下痢、過敏症、皮疹、発疹、肝障害、腎障害などの副作用が起きることもあります。高齢者には副作用を避けるために、坐薬を活用することがあります。

【筋緊張弛緩薬】

筋緊張弛緩薬は、筋肉の緊張を和らげる薬剤です。筋肉が痛むと、その筋肉は反射的に収縮して凝った状態になり、凝りが長く続くと痛みも強くなるという悪循環に陥ります。そのため、筋緊張弛緩薬で筋肉を緩める必要があるのです。消炎鎮痛剤と同時に使うと効果が上がるので併用されることが多いです。

筋緊張弛緩薬の副作用として、眠気、ふらつき、めまいなどの神経症状、悪心、嘔吐、食欲不振などの胃腸症があります。

【循環障害改善薬(プロスタグランジンE1製剤)】

プロスタグランジンE1製剤は、血管を広げ、血液を固まりにくくする作用があります。脊柱管狭窄症には、血管を広げる効果を期待して処方されます。プロスタグランジンE1製剤の副作用として、下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛、舌しびれ、頭痛、眠気、不眠、頻脈、ほてり、発疹などがあります。

【ビタミンB12】

ビタミンB12は神経組織を障害から回復させると考えられており、副作用もないのでよく利用されます。

【外用薬】

湿布薬が主ですが、患部を冷やして痛みを和らげる冷湿布と、温めて同様の効果を得る温湿布があります。