子供の腰痛の原因、「悪い姿勢」

子供の腰痛の原因、「悪い姿勢」

腰痛といえば大人だけの症状に思われますが、現代の生活環境が原因のためか、近ごろは子供の腰痛が増えてきています。
子供の腰痛の主な原因は、「悪い姿勢」と「激しい運動」の2つです。

悪い姿勢については、様々な原因が考えられます。
昔の子供は家庭でも学校でも姿勢を正すことを厳しくしつけられたものですが、最近は生活習慣の変化と共に、悪い姿勢に対する認識の甘さなどもあり、子どもの姿勢はだらしないほどとても悪くなっているように思います。

しかし、子供は自分の姿勢が良いか、悪いのか判断することはできません。良い姿勢は子供の財産となりますので、大人が率先して姿勢を正すように注意をしていきましょう。

姿勢の悪い状態でテレビゲームに夢中になったり、寝そべった状態で本を読んだりすることは腰痛の一番の原因とされています。
また、勉強しているときに、頬杖をついたり極端な前屈みの姿勢になっていると、猫背になりやすく、腰痛の原因になります。

悪い姿勢を取り続けていると、子供の骨は柔らかいので、それが癖になって骨は自然と歪んできます。

骨が歪むと、体のバランスが悪くなりますので、筋肉や骨に悪影響を及ぼし、必然的に腰痛が起こるようになります。

腰痛があると、外で遊ぶという機会が少なくなり、今度は運動不足に陥り身体が鈍ってしまいます。
そうなると、尚更身体が歪んで腰痛になりやすくなるという悪循環となります。
特に、子供の骨というのは大人よりも柔らかいため、悪い姿勢の影響を受けやすくなります。

子供の時期の悪い姿勢は習慣化しやすく大人になってからでは直しにくいことが多いため、早い時期に姿勢を正してあげることが重要です。

そのまま大人になると、その歪みはますますひどくなって、慢性的な腰痛になります。 姿勢が悪い子供は腰痛ばかりでなく目も悪くなりやすいそうです。無論、成長にも影響が出てくるでしょう。

ただ、子供はオーバーアクションになりがちですから、行き過ぎた姿勢にならない注意も必要となります。