腰痛の再発防止ために生活上で気をつけるポイント

腰痛の再発防止ために生活上で気をつけるポイント

以下のことを実行すれば「絶対に腰痛にはなりません、」ということではないです。腰痛が慢性化しない、再発しないように日常生活を送る上で最低限やらなければいけないことと思ってください。

【腰痛の再発防止ために生活上で気をつけるポイント】

①体重を増やさない

体重の増加と比例して、腰へのストレス、負担も増加します。そもそも肥満は腰痛になる根本原因の1つでもあります。

②背筋と腹筋をできるだけ鍛える

腰痛が酷くなった時には、コルセットを装着する場合があります。この時のコルセットの主な役割が、腰椎への負担軽減、弱くなった筋力を補助することにあります。腰痛体操などによって背筋と腹筋を強化すれば、コルセットを装着したのと同様の効果を得ることができます。

③異常を感じた時は体を休ませる

仕事、家事などで何となく変な感じや再発を思わせる症状が出た時には、すぐさまそれ以上体を激しく動かさないようにしてください。特に痛みが生じる場合には、痛みが治るまで安静にしてください。その状態が長く続くようであれば、コルセットを着用して腰を保護するように努めましょう。

④腰に負担がかからない動作を心掛ける

「無意識に腰をひねる」といった動作で、腰痛の再発原因となることが少なくありません。こういった腰に負担がかかる動作に関して、常日頃から注意する必要があります。また、スポーツ行う場合には、ゆっくりした水泳や水中歩行など、あまり腰に負担が掛からない運動をオススメします。

⑤コルセットや杖などの補助用具をうまく利用する

間欠跛行のような症状がある場合には、つえは非常に役立ちます。痛む部位への負担を減らしたり、筋力の低下を補い、バランスよく歩くことを可能にします。