腰に負担をかけない工夫

腰に負担をかけない工夫

腰痛持ちは、腰痛が再発したり、悪化したりするような動きを日常的に避けることが重要になってきます。特に腰に負担が掛かる動作は控えなければいけません。以下のようなことを工夫して、腰痛の悪化を防いでください。

・立っている時は、常に背中を真っ直ぐに伸ばします。動く時にはいつも腹筋を収縮させ、お尻をへこますようにしましょう。

・重いものを持ち上げる時には、腰を落として体の近くに持ち、膝を伸ばすのと連動してできるだけゆっくり持ち上げてください。動作が速いほど腰椎にかかる圧力が高くなります。また持ち上げた時、背中を伸ばして上体を前に出すような姿勢はとらないようにしましょう。

・長時間の立ち仕事をする場合は、中腰にならないように作業台の高さを調整してください。

・長時間に渡って作業を続けつ時は、時々ストレッチ体操をして足腰の筋肉を伸ばしてください。たとえ、姿勢が正しくても、長時間同じ姿勢で作業をすると、腰部にストレスが掛かります。

・家庭や職場で使用するイスは、反った姿勢にならないものにしてください。イスに座る時は、深く腰掛けて正しい姿勢を保つことが重要です。

・自動車を運転する場合には、長時間の運転はできるだけ避けてください。運転中の姿勢は中腰に近い状態ですから、長時間続けると、腰痛が発症しやすくなります。

・寝る時には、うつ伏せよりも仰向けのほうの腰に負担が掛かりません。その際にも、膝や股関節を軽く曲げておくために、膝の下に座布団や大きめの枕を入れると良いです。

・ベッドや敷き布団は、あまり柔らかすぎないものを選びましょう。理想的な硬さは、脊椎の自然な湾曲が維持される程度です。