腰を曲げたままの運動

腰を曲げたままの運動

何かのショックを吸収しようとするとき体をまっすぐな状態にしたままだと体の関節に大きな支障が出てきてしまうものです。体全体を利用してショックを吸収していくことになるでしょう。しかし常に腰を曲げたままの運動は逆に腰に多大な負担をかけてしまうことになります。そのため常に腰を曲げている状態を作らないようにする必要があります。

普通の生活をしていて腰を曲げてしまう機会というのは実はかなり多くあります。座っている時に姿勢が悪くなってしまったり、何かを探している時などが様々です。そのため意外と意識をしておかないと腰を曲げたままの動作になってしまい負担が大きくなってしまいます。姿勢による影響は非常に大きく、その影響による症状を改善していこうとするとかなり難しいものがあると言えるでしょう。体が弱っているような時期であると非常に困難になってしまうこともあると言えます。

できるだけ体は自然な状態にしておいた方が良いことにもなります。