腰を曲げるのではなく落とす

腰を曲げるのではなく落とす

腰を曲げてショックを吸収しようと考えるよりも、膝を落としてショックを吸収しようと考えた方が負担は少なくなっていきます。膝を落とすというのは、足をまげてしっかりと重心を下げていくということに近いものがあります。これをしておくと、足でショックを吸収することになり、腰の負担は非常に減らせることになると言えます。当然この時腰を曲げることがあるかもしれませんが、膝を曲げて腰を落としているので、腰を曲げても、通常時よりも負担は減ってくることになるでしょう。長時間の作業でも疲労が蓄積しにくくしてくれます。

ただこれは腰に限った話で下半身の疲れは非常に溜まっていくことになります。筋力トレーニングにもなっていくことでしょう。そのため足の疲れによって長時間姿勢を保つことができなくなってしまうということは十分考えられます。体全体に負荷が行くというように考えればよいものかもしれませんが、あまり負担が大きすぎないようにすると良いでしょう。