立ち仕事が多い人も腰痛には注意が必要

立ち仕事が多い人も腰痛には注意が必要

立ち仕事が多いと自然と歩き回ることも多くなると言えるでしょう。歩いていくと当然足の疲れなども溜まっていってしまうことになります。足の疲れが溜まってしまうと当然動くことが面倒くさくなってしまうこともあるでしょう。これが腰痛に深く関連してしまうこともあることになります。どのようなことかと言うと動作が面倒くさくなってしまうことで腰の移動をしなくなってしまうと言えるでしょう。

疲れたときに地面のものを取ろうとした場合多くの人が足をしっかりとまげて、腰を落とすことをせずに、背筋を深くまげて取ろうとします。このほうが楽に思えル事になると言えるでしょう。疲れているときに足を深く曲げるのはしんどいものです。そのためこのような動作になってしまいます。しかしこの動作は実は腰には良い影響をもたらさないものであり、腰痛の原因になってしまうこともあると言えるでしょう。そのため疲れているときでもしっかりと腰を落としてものを取ることを習慣づけておく必要があると言えます。

立ち仕事が多いとなかなか意識していても出来ないものです。そのため腰痛を抱えてしまうこともあると言えます。またこのような動作は何か落し物をした時だけに発生するものではありません。低いところを見るためであったり、移動する時に低い体勢を取る事もあると言えるでしょう。そのような時にも影響してくることになります。

腰が疲れていると中腰を取ることが難しくなります。中腰を取ること事態あまりよくないことですが、これがもっと悪くなってしまうと、本当に腰だけを曲げて足を休ませようとしてしまう場合もあると言えるでしょう。そうなると腰だけで上半身を支えていることになるので腰には大きな負担がかかってきます。また当然腰が痛くなってしまうという悪循環にはまってしまうこともあるでしょう。

下半身を休める動作というものの多くはどこかに大きな負担をもたらしていることになると言えるでしょう。そのため余計に疲れてしまうことになります。意外とまっすぐに立っていた方が全身の疲れは防ぐことができる場合も多いと言えます。休める時に休んでおく事も当然大切になりますが、立っての仕事であるとそうもいかないことも多いと言えるでしょう。下手にひとつの関節に大きな負担を与えるような休み方をしているとそこから歪みが生じて腰に行き届いてしまうこともあると言えます。そうなると何が原因で腰痛になっているのかがわかりづらくなってしまうこともあると言えるでしょう。

そのような状況にならないためにも疲れていても足を使って腰を動かすようにして動作をしていくことが必要です。しっかりと動かしていくとその場は疲れることになりますが、その疲れもすぐに抜ける疲れになってきて、疲労として残りづらくなっていきます。当然筋肉を鍛える事もできるようになるので一石二鳥となるでしょう。腰だけを曲げるような動きをしていると腰に負担が大きくなるだけでなく、その負担が簡単に抜けなくなってしまうことにもなります。そうなってしまうと腰痛までは一直線になると言えるでしょう。

運動をしていく中でもつかれきってしまうまで運動をしてしまうと腰の運動が上手くいかずに、逆に腰を痛めてしまう結果になることもあります。そのためある程度のところで負担を軽くしていくことが必要になるとも言えることになります。

疲れきる前に休んでしまうことができればそれに越したことはないでしょう。逆にそのような環境をつくれるように工夫するのも仕事のうちと考える事もできるかもしれません。十分な休みは効率を求める上で重要なことです、これは時間的にも体的にも言えることになるのです。