朝起きてからの運動

朝起きてからの運動

腰痛を予防する要素として運動があります。軽い運動でもしておくだけで腰痛の予防につながることもあるでしょう。しかし運動をしていく時に準備体操をしておくことが肝心なことになります。準備体操の変わりになるような体を温める運動をしておくことも必要になるでしょう。そのような運動は通常一日動いていれば出来るものであり、軽い運動であれば十分に対応してくれることになります。当然激しい運動をしていく場合にはそれなりにしっかりとした準備体操をしておき、運動を行なった後にはしっかりと体を休ませるもしくは整理体操をしておくことが必要になります。

注意しておきたいのは、朝起きてからの運動になります。朝起きてから走り込みをしている人もいると思います。日常的に運動をしている人でも朝の運動は注意が必要になってくるでしょう。朝はとにかく体が固まっていることになるので、運動をしずらい状態にあると言えます。また筋肉も完全に目覚めるまで時間がかかり温めるのにも時間がかかってしまうことでしょう。そのため注意しておかないと急な運動で筋肉を痛めてしまったり、または腰を痛めてしまうこともあります。

腰だけではなく関節を痛めてしまう場合などもあり、非常に危険な状態になってしまうこともあると言えるでしょう。朝の運動をしていくのであればしっかりと準備運動をしておき、その上でしっかりと体を温めるウォーキングなどから初めていき徐々に負荷の大きな運動にしておくことが無難と言えます。

筋力がある人でもその筋力をしっかりと生かせないので十分怪我をしてしまう可能性があると言えるでしょう。また朝起きていきなりの運動ではなくて少し水分補給をする時間を作ったり余裕をもってから運動をしていくことも大切です。

夏なんかであると朝は涼しいといことで走っていくことが多いですが、涼しい状況でも水分補給をしっかりしておかないと脱水症状などにつながってしまうこともあります。また水分が足りないと筋肉は機能しなくなってしまうので、筋肉を痛めてしまう原因にもなると言えるでしょう。

疲れたらしっかりと休んで無理をしないということも大切なことになっていきます。無理をしてしまうと朝の体の状況がより辛いものになっていき良いことはあまりないと言えるでしょう。疲れを感じた時は十分に休みの時間を作っておき、次の機会でしっかりとした運動ができるように調節することが肝心なことになります。