高齢者の一人暮らしにはリスクがある

高齢者の一人暮らしにはリスクがある

高齢者の一人暮らしは最近では増えていることになりますが、なかなかリスクが多いといのが現状です。一人暮らしをしていく中で若い人でも苦労することは多いと言えるでしょう。掃除をする時であったり、食事を作る時であったり、自分ひとりで行うことが基本になります。若い人であればこれを楽しんでしまうこともできるかもしれませんが、体が衰えてくることが多い高齢者の場合これが非常に大きな苦労になってしまうこともあります。

当然そうなってくると怪我などのリスクも高くなってくることになります。腰痛などを抱えている高齢者が多いものを持たなくてはいけない場面なども出てくるので、腰痛の症状をさらに悪くしてしまうことなども考えられるでしょう。

またそれだけではなく多くの家事などによって、腰に負担を与えてしまうこともあります。またその状況を客観的に見ることができる人が一人暮らしだと当然いないことになります。そうなれば、腰の症状をしっかりと理解する事も難しくなり、また自分が行っている行動がどれくらいの負担になっているのかを把握する事も難しくなっていきます。

腰痛を予防する事も当然難しくなっていくことになるでしょう。慢性的な腰痛を抱えてしまうことになる場合も多く、訓練などを受ける機会を作る事も難しくなってしまう場合もあります。

高齢者の一人暮らしであると、このようなことから自分から病院にいくことができなくなってしまうこともあり、腰痛の存在に気付くのが遅くなってしまう場合もあります。家の中での転倒によって脊柱を骨折しているにもかかわらず、それに気付かないということもあります。骨折などから神経痛などを併発してしまうことも多く、それを単純な腰痛として理解してしまっていることも多いと言えるでしょう。

高齢者が腰痛に対して興味や関心をしっかりと持つことは大切であり、予防をしていく上で欠かすことが出来ない要素です。しかし社会的にも高齢者の一人暮らしをより安定したものにしていく工夫などがより必要になってくると言えるでしょう。

一人暮らしをなくしていくことは現代では難しいことと言えるかもしれませんが、それと一人暮らしのリスクが高まって良いといことにはつながることはありません。安心して暮らせるような環境を整える必要があると言えるでしょう。

腰痛にも高齢者にも優しい社会というのがこの先期待されていくことになります。