腰痛治療のためのエゴスキューメソッドとは

腰痛治療のためのエゴスキューメソッドとは

腰痛治療のために整形外科や鍼灸院、マッサージ、へ通って治療をしても、そのときだけは痛みが改善されるものの、またすぐ痛くなる・・の繰り返しという言葉をよく耳にします。
「腰痛とは、一生うまく付き合っていくしかない」、と考えてしまいます。

でも最近は、自宅にいるちょっとした時間を使って、エゴスキューメソッドで腰痛を解消している人もいるそうです。
エゴスキューメソッドとは、簡単なエクササイズで筋肉を再教育する運動療法です。

筋肉が本来の機能を取り戻すことによって、骨や関節の位置を元に戻し、体全体の歪みがなくなることによって痛みを解消します。
腰痛治療で一番大切なことは、なるべく早く、体の歪みを直し、痛みの根本を解消することです。

エゴスキューメソッドの考え方
・人間の身体全体を支えているのは骨格ではなく、筋肉である
・骨が筋肉を動かすのではなく、筋肉が骨を動かしている
・骨は人間が姿勢を固定するための、つっかえ棒でしかなく、筋肉が骨格や関節に巻き付き、その動きと位置を決めている

エゴスキューは、眠っている筋肉を目覚めさせ、本来の正しい動き方を手ほどきする「筋肉の再教育」により、この骨格を正しい位置に戻す療法で、その結果、全身の歪みが治り、痛みが消えてしまうのです。

二足歩行の人間では、脊髄や腰に大きな負担がかかります。
かつて人間は裸足で軟らかい土を踏みしめ、野山を駆け回る生活をしていたものが、いつしか、靴を履き堅い地面の上を歩き回り、一日中同じ姿勢でパソコンに向かう…といったものになりました。

その結果、筋肉が従来の”正しい動き”をしなくなり、人間の身体にとって最適な骨格バランスを失う事になり、現代病である腰痛を多く発症することになるのです。

いくら手術で骨を削ったり、整体で骨格の歪みを正しても、筋肉自体を矯正しなくては、またすぐに元に戻ってしまうのです。
つまり、腰痛の解消をするためには、 筋肉が正しく動き、骨格を正しく整える事が重要になるという事に他なりません。

エゴスキューは、40年以上の実績を持ち、アメリカでは、スポーツ選手に限らず、一般の若い学生からお年寄りまで幅広く浸透しています。

エゴスキューは誰でも、どこでもできる簡単な体操で、筋肉を本来の機能に戻すことができるのです。

痛い注射や手術、薬の副作用の心配も要らなくて自分で試せるので、挑戦してみる価値があると思います。