腰痛に効果的な栄養素

腰痛に効果的な栄養素

腰痛を緩和するのに効果的な食べ物があるのでしょうか。

薬物のように、この食品を食べれば腰痛がなくなる・・というようなものはないにしろ、間接的に腰痛緩和に有効な食品があります。

【ビタミンB群】

ビタミンB群は体の成長、神経や筋肉の新陳代謝を促し、筋肉や神経の疲れをとる働きをします。
中でも腰痛にはB1、B2、B6、B12が効果的です。

ビタミンB群が身体の中で欠乏すると、血管や筋肉に乳酸などの疲労物質が溜まりやすくなり、腰痛の原因になってしまいます。
このことからも、腰痛の予防や解消するためには、ビタミンB群を十分に摂取する必要があります。

ビタミンB群は、それぞれ助け合いながら、脳や神経、皮膚などの健康を保つビタミンです。
加熱に弱く、加熱すると成分の3割~5割を失ってしまいます。
そのまま食べられる食材は、加熱しないで食べるようにしましょう。

また、水溶性ビタミンなので、水に溶けやすい性質があります。
食材を調理して摂取するときは、煮汁ごと利用するようにしましょう。

ビタミンBを多く含む食品
・B1・・・穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類など
・B2・・・レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類など
・B6・・・かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉など
・B12・・・魚介類やレバーなど

これらB群を多く含む食品が、筋肉を強化して腰痛を和らげる効果があります。
体の中に、貯めておくことができないので、毎日こまめに摂るようにしましょう。

【ビタミンE】

ビタミンEは血管を拡張して決行を促し、筋肉にたまった疲労物質を分散して痛みを軽減します。
また、抗酸化作用がありますので、動脈硬化や老化、がんの予防に効果があります。

ビタミンEを多く含む食品

ビタミンEは、ヒマワリ油など植物油、ウナギ、に多く含まれています。
酸化しやすいので、ドレッシングなど、加熱しないでそのまま利用すると、ビタミンEを効率よく摂取することができます。
またビタミンCと一緒にとると、抗酸化作用が高まります。

しかし、ビタミンEを必要以上に過剰摂取すると、湿疹、かぶれ、下痢、腹痛、視力低下などの要因となります。

普段の食生活で摂取するのが理想ですが、栄養素を補うためにサプリメントを利用するのもいいでしょう。

複数のビタミンが入っているサプリメントは食後に飲むのが効果的です。
ただし、サプリメントは補助的な役割だということは頭においていてください。
また、サプリメントを利用する場合は、製品に書いてある説明書をよく読んで、定められた用法・用量を守らなければなりません。