腰痛対策「半身浴」

腰痛対策「半身浴」

冷えは万病の元といわれていて、冷え性はただ体が温まりにくいとか、月経不順を招くというだけでなく、肩こりや腰痛も引き起こします。

体が冷えることで全身の血液の循環が悪くなり、筋肉が疲労することが原因のようで、肩こりはひどくなると腕が上がらなくなる事もありますし、腰痛がひどくなれば歩行が辛くなり夜も痛みのために熟睡できない場合もあり、生活に支障をきたしてしまいます。

特に冬の寒い時期や冷房を使用することが多い夏に注意が必要となります。
冷えからくる腰痛予防は、体を温めることから始めると良いでしょう。

身体を温めるには色々な方法がありますが、入浴が冷えにはとても良いようです。
最近の若い人は入浴をシャワーだけで済ませる事が多いのですが、これでは体が温まらずますます体を冷やしてしまいます。
ゆっくりと湯船につかり体を芯から温めることが冷え性の予防にもつながるのです。

特に半身浴が良いそうです。
半身浴をすることで、女性に多い冷え性などの冷えの改善効果があります。
また、汗をじっくりとかきますので、身体に溜まっていた老廃物を排出してダイエット効果等や、その他、ストレス解消にも効果が期待できます。
これらは全て、腰痛の改善にも非常に有効的なものばかりなのです。

半身浴の正しい方法は、少しぬるめの温度(38~40度くらい)でゆっくりつかってください。
必ず胸から下だけをお湯につけて、腕はお湯から外に出るように湯船につかります。
20~30分ぐらいはゆったりと入浴しましょう。

時間をかけじっくりと湯船に浸かる事により、身体がだんだんと温まり、そのうち汗もじんわりと出てきます

冬場などは、お湯の温度を40度くらいまで上げてもかまいませんが、それ以上高温になると心臓に負担をかけてしまいます。
血圧が気になる方は特にこの湯温の上げすぎに気をつけて下さい。

充分湯船につかった後は、手足に何度か水をかけると体がぽかぽかし、血行がよくなります。
また、半身浴を行う前に、あらかじめ浴室にシャワーでお湯を撒くなどして、浴室内の温度を下がりにくくしておくのも大切な事です。
血圧が気になる方や冬場に半身浴をする場合は、ぜひともこの浴室内の温度には注意をして下さい。

しかし、慢性的な腰痛の場合は体を積極的に温めるようにして良いのですが、腰をぶつけた時や、ぎっくり腰などの急性期の腰痛で激痛がある場合は、腰を冷やして炎症を抑える必要がありますので、入浴で身体を温めることは厳禁です

判断に迷った時は専門家に診断してもらう事が大切です。