腰痛に関わる筋肉

腰痛に関わる筋肉

腰痛に関わる筋肉は腰の周りに集中していると考えるのは当たり前のようですが、人間の身体は全身において連動関係を保っていて、肩の筋肉や首の筋肉の障害、更には足の筋肉の障害さえも発端となって腰痛へと繋がる場合もあります。

しかし、あくまで一般論として、腰痛が起きた際に最も直接的な変化が見られる部位の筋肉は下記のような筋肉です。

【大腰筋】

腸骨筋とセットで腸腰筋ともいわれる、腰の深部を走るインナーマッスルです。
腰椎から大腿骨に向かって伸びていて、腰椎から股関節部位にかけての屈曲運動を主な役割としています。
本来筋肉は2つの骨の間を結び、関節運動を司るものなのですが、この大腰筋は複数の関節に関わっています。

【腸骨筋】

大腰筋とセットで腸腰筋ともいわれる骨盤周辺の筋肉で、腸骨から大腿骨にまで伸びています。
いわば「下半分」の筋肉で、骨盤の安定や股関節の屈曲に大きな役割を果たします。
大腰筋と同じく、座りっぱなしの状態が長く続くと、微妙な緊張状態を強いられることが多い筋肉で、適度なストレッチが必要になります。

【脊柱起立筋】

腰から背骨へ、そして首の方に向かって走る筋肉で背骨の支える重要な役割を果たしています。
大小さまざまな筋肉の集まった筋群として働いていて、ごく大ざっぱに分類するとより背骨にごく近い部分の棘筋、その外側にある最長筋、そして体の一番外側寄りにある腸肋筋というグループに分割できます。

腰を痛めてしまった人の多くはこの脊柱起立筋が緊張を起こし、脊椎が柔軟性を失ってしまっているのです。
よって、腰を痛めた場合は、まずは脊柱起立筋をほぐす事が最低条件といえるでしょう。

【外腹斜筋】

腹筋といえば6つに分かれる「腹直筋」をイメージすることが多いのですが、身体を支える上で大切な役割を果たしている腹筋は斜筋です。

外腹斜筋は身体を斜め方向に動かす際に重要な役割を持っている筋肉です。
今や多くの人が腹筋運動は前後、つまりは「腹直筋」だけを使った運動をしていて、外腹斜筋を使う事を忘れてしまっているように思われます。

しかし、身体があらゆる方向の動き、大きな圧力に対しての強い耐久力、柔軟性を身につける為には、この外腹斜筋をしっかりと鍛える必要があります。

【内腹斜筋】

外腹斜筋の対立筋となるのが「内腹斜筋」で、外腹斜筋の向かい側に走っています。
役割は外腹斜筋と基本的には同じであり、「外」と「内」の斜筋がしっかりと働く事によって、斜め方向、捻りに対しても強い、柔軟性に富んだ腰周りになります。

「内腹斜筋」も「外腹斜筋」は、単に体幹を動かすだけでなく、腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定したり、排便を助けたりしています。

どちらも重要な筋肉であり、強化の方法も「外腹斜筋」「内腹斜筋」共に共通していますので、どちらか一方を鍛えるというわけではなく、どちらの筋肉もしっかり鍛えるのがベストです。