タンパク質の重要性

タンパク質の重要性

腰痛治療の為に欠かせない事の一つに、「筋肉の強化」 があげられます。
腰を支えている回りの筋肉はトレーニングをしないと減少し、重力からくる腰への圧力を支える力が弱くなってしまいます。
腰痛もそれが原因で生じるといわれています。

腰痛対策には腰の回りの筋肉トレーニングが必要で、その為には、筋肉の材料である良質のタンパク質を摂取する事が重要であると言われています。

そして、タンパク質は、体内でアミノ酸に分解されて摂取されますので、筋肉を作る為には良質のアミノ酸を摂取する事が重要であるといえます。

タンパク質は20種類のアミノ酸から構成されています。そのうちの9種類は「必須アミノ酸」と云われるもので、人体では合成されないため、食事から摂取する必要があるのです。

腰痛対策に重要な筋肉の強化に当たって、たんぱく質を多く含んだ食品を食事で摂取することが重要になるわけです。

【タンパク質の重要性】

タンパク質が不足してくると、筋肉が衰え、貧血症状の出現、 疲れやすい、といったマイナス面があらわれてきます。

タンパク質を摂取するに当たっては、動物性タンパク質と植物性タンパク質の比率は1対1にすることが理想的といわれます。

肉や魚、豆腐、乳製品をまんべんなく摂ることが非常に大切になってきます。

肉の場合は、脂肪分の少ない赤身はコレステロールが低いので、肥満の方などにも安心です。

野菜やきのこ、海藻などを加えて、バランスよく食物繊維と共に摂取すると一層効果的です。

タンパク質が豊富な食品は

・脂肪の少ないヒレ・もも・ささ身・レバーなどの肉類や、生鮭・まぐろ赤み・かつお赤身などの魚類
・納豆・木綿豆腐などの大豆製品・卵・牛乳

などです。

これらの良質のタンパク質を、上手に摂りながら、適度な運動で筋肉を強化することがポイントとなります。
腰痛治療を考える上で、身体に必要なものを正しく摂取するということは基本中の基本ともいえます。

食事は、基本的には3食を規則正しくしっかり食べるようにして下さい。
腰痛治療に限ったことではありませんが、正しい食生活を送ることは生活の基本で、規則正しく生活することが健康につながります。

腰痛治療に限らず、治療の根本は自然治癒を目指すことで、自然治癒力を活発化させるためには、食事から摂る栄養は欠かせないものです。

ただ単にマッサージ店や、整体院、整形外科などに治療に行くことだけが腰痛治療ではない、という事を認識しましょう。