ローリング療法

ローリング療法

腰痛の治療法であるローリング療法は、実は日本の柔道整復師があみ出した純国産の手技療法で、今では多くの治療院で腰痛治療として採用されています。

その治療目的は、おそらく手技療法全てに共通していることで「自然治癒力」を最大限発揮できるようにするために、全身の血流を正常化させることです。

身体の調子が回復したのは、手技療法によってではなく、「自分自身の自然治癒力」によって回復したのであり、治療家はあくまでその手助けをしたに過ぎない、という考え方がローリング療法においても一般的です。

ローリング療法のローリング器は両手の力を均等にローラーに集約する機能があり、「末梢の血管を開放する」という役割を持っています。

右手と左手の力を均等に集約し、最小限の力で最大限の働きかけを身体に行いますが、その対象となる主だった部位は末梢の血管で、帰りの静脈となります。

動脈は心臓によって力強く血液が押し出されるものの、帰りの静脈は筋肉そのものがポンプとなって押し流すのですが、筋肉が固まってしまえばそれもできない事になります。

ローリング器によって筋肉をほぐし、末梢の血管圧迫を取り除く事で血流が促進されて、静脈にもしっかりと血液が流れていくという事になります。

人間の身体は血液が循環することで健康を保てるのです。血液の循環が悪くなれば栄養も酸素も不足しがちになり、健康状態は悪くなってしまいます。

それを防ぐ為にも、血液の循環を改善し、体の隅々まで血液を循環させる事によって筋肉に栄養を補給し、筋肉に活動の再開を促し、静脈血の流れも盛んにしていくのです。

このローリング療法は非常にソフトな手技療法で、年配の方から小さなお子様までが気軽に受けることができる数少ない手技療法といえるのではないでしょうか。
ただし、民間療法の為に健康保険は適用されず、自費診療となってしまいます

なお、ローリング療法は自宅でも気軽に可能な手技療法であり、実はローリング器も一般向けに一部が販売されています。

健康の為に自宅で使ってみたいと思われるのでしたら、近くのローリング療法治療院に相談してみるといいと思います。