腰痛と足の痺れは関係が深い

腰痛と足の痺れは関係が深い

腰痛と足のしびれは切ってもきれない関係にあると言えるでしょう。腰には多くの神経が通っていますが、その中には坐骨神経などの太い神経もしっかりと通っていることになります。当然そうなると神経に何かしらの異常が出てくると、痛みとして出てくることになるでしょう。腰痛は筋肉のこりによって生まれてくる症状でもありますが、神経的な痛みを原因とする腰痛もあります。そのためそのような状況の中では足に痺れが出ることは決して珍しいことではないと言えるでしょう。

足の痺れの原因は実にさまざまです素人では判断をすることはできません。骨から来ているものなのか、それとも脊髄に関係しているものなのかは人によって違うものです。一般的な知識では対応することができないような症状も数多く存在します。有名な症状を知っていても実はそれではなかったということも多くあるということです。腰の痛みの中で足の痺れを感じてしまうようであれば、なるべく医療機関に行っておくと良いでしょう。痺れは適切な処置を受けることによって大きく改善させることができます。痺れが軽い状態で良い方向に向かうことがあれば、それは日常生活に何も支障をきたさないで治療ができるということになります。このメリットは非常に大きなものになると言えるでしょう。

逆にあまし早い段階で治療を開始することができないと、どのような症状であれ痺れが強くなってしまう可能性があるでしょう。痺れが強くなっていってしまうと、それだけで動くのが辛くなってしまいます。痛みよりも幾分良いと考えている人もいるかもしれませんが、痺れというのもかなり厳しい思いをするものであり、痛みとあまり変らないと感じる人も多くいます。それだけしびれは重要な症状ということになるでしょう。

痺れが血行障害から来ている事もあります。このような場合筋肉のコリが原因となり、そが血管の柔軟性を失わせることによって血行障害が起こってくることが多いです。腰痛でもこのようなことが起こってしまうことはあるでしょう。しかし神経の痺れと血行による痺れは根本的に原因が違うことになるので症状としても感じ方に差が出てくることになるでしょう。どちらがより厳しい症状かということは言いがたい部分がありますが、神経的なものの方が深刻な症状になっていることが多いと言えるでしょう。