腰痛に効果がある椅子を使ったストレッチ

腰痛に効果がある椅子を使ったストレッチ

腰痛に効果があるストレッチを紹介します。このストレッチは、身の回りにある椅子を使って行なうものです。主に自宅で行なってもらうストレッチですが、椅子に座ってできるものもあるので、オフィスの休憩時間を利用して行なうこともできます。デスクワークなどで同じ姿勢を長時間取り続けていると、私たちが考えている以上に大きな負荷が腰へ掛かっています。なので、途中で体をほぐさないと、スムーズに体が動かなくなるので気をつけましょう。また、腰痛を予防するためには、ストレッチで筋肉を普段から柔らかく保つことが大切になってきます。

【椅子を使った腰痛対策ストレッチ】

(ストレッチ1)

背筋を伸ばし、膝を抱えて引き寄せてください。ゆっくりと息を吐きながら5秒間静止してください。これを左右5回ずつ行なってください。

(ストレッチ2)

椅子に浅く座り、背筋を伸ばし、肩を捻りながら前に倒してください。ゆっくりと息を吐きながら5秒間静止してください。これを左右5回ずつ行なってください。

(ストレッチ3)

椅子に片足を乗せて立ってから、背筋を伸ばして上半身を倒していきます。ゆっくりと息を吐きながら5秒間静止してください。これを左右5回ずつ行なってください。

(ストレッチ4)

肩幅に脚を開き、頭の後ろに手を組み、椅子におしりをつけないようにゆっくりと上下に動かしてください。これを10回行なってください。

(ストレッチ5)

両足を揃えて座り、両手を頭上で組んで上半身を左右に倒してください。5秒間静止。これを左右5回ずつ行なってください。

(ストレッチ6)

背筋を伸ばし、膝を曲げた片足を浮かしてゆっくりと上下に動かしてください。これを左右5回ずつ行なってください。