腰痛と腹横筋の働き

腰痛と腹横筋の働き

腰には大小さまざまな20数種類を超える筋肉が、色々な位置で重なりあって腰にかかる負担を分散させています。
つまり脊椎はたくさんの筋肉で支えられています。

取り分け、腰痛には腹横筋の働きが重要です。

腹横筋とは所謂インナーマッスルで、身体の奥の脊椎の最もそばにある筋肉です。
脊椎は椎骨と椎間板だけのつながりで不安定なのですが、腹横筋が胸椎から脊椎・肋骨・骨盤につながっていて、この3点をしっかり包み込むようにして脊椎を固定しています。

この腹横筋が弱くなると脊椎は支えを失い不安定な状態になります。
不安定な状態でバランスをとろうとすると、腰回りの筋肉に大きく負担がかかり腰のバランスを崩してしまいます。

このことで体や骨盤に歪みを生じるようになります。

腹横筋が最も動くのは横隔膜が上下する時で、正しくしっかりとした腹式呼吸をすると使われます。

腹横筋は一昔までは和式トイレで力んだり、雑巾がけをするときによく使われてのですが、近年の生活様式の変化によって使われなくなった筋肉と云えます。

腰痛が、現代の国民病と云われる所以なのかもしれません。

【腹横筋を鍛える体操・・腹式呼吸】

1、「気を付け」の姿勢をとり両手をお尻にあてます
2、腹横筋に負荷をかけやすくする為、「肛門」をキュッと絞めます
3、腰・骨盤につながる腹横筋をひっぱりやすくする為に、足を肩幅よりも少し広く開きます
4、鼻から息をゆっくり吸い、しっかりお腹をふくらませながら、腰を深く落とします
5、口から息をゆっくり吐き、しっかりお腹をへこませながら、ゆっくり腰を上げていきます

但し、腰に痛みや張りがある方は腰を落とす動作はせず、呼吸法だけを行うようにしましょう。
1回につき3分間 朝・昼・晩の1日3回行うようにしてみて下さい。

【成果】

・腹式呼吸をしながらお腹をふくらませたりへこませたりすることで、腹横筋を鍛えることができます。
・腹式呼吸と体の上下運動により腹横筋の伸縮運動になり、柔軟性が復活します。
・腹横筋を鍛えたことで呼吸が深くなり、その分身体は酸素を多く取り込むことができます(新鮮な酸素は血液をリフレッシュし、筋肉の健全に役立ちます)
・脂肪を分解する酵素”リパーゼ”が活性化され、たまった脂肪を分解するのでダイエット効果も期待できます。
・腸のゼンドウ運動が活発になり便秘解消に効果があります。