腰痛改善にビタミンE効果

腰痛改善にビタミンE効果

腰痛には栄養素の不足も関係があり、腰痛改善や予防の為には、栄養バランスの良い食事を一日3回きっちりととる事も重要です。

ビタミンB群が腰痛にとても良い事はよく知られていますが、ビタミンEも腰痛改善や予防の為にはとても有効な栄養素です。

ビタミンEは抗酸化作用が高く、老化予防のビタミンとして有名で、ビタミンEを摂ることで若さを保つことができると云われます。
血液をサラサラにする効果もあり、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病の予防効果もあります。

さらに、硬直した筋肉の柔軟性を取り戻し、生殖機能を正常に保つ効果もあるとされていて、これも腰痛改善・予防には重要な成分といえます。

血流が悪くなることで腰痛を起こすことがありますが、ビタミンEの血液サラサラ効果と、毛細血管を広げて血液の流れを良くする働きにより、腰痛を改善する効果が期待出来るのです。

血流が盛んになると、新鮮な血液が筋肉に溜まった乳酸などの疲労物質を運び出し、筋肉の活動に必要な栄養分や新鮮な酸素を充分に届けることができるようになり、筋肉の緊張(コリ)が改善されます。

また、腰痛の原因ともいわれている「冷え性」の改善にも効果的です。

ビタミンEは緑黄色野菜、アーモンド、豆腐、米ぬか油、紅花油、南瓜、にら、ほうれん草、はまち、うなぎなどに多く含まれています。
ビタミンEはビタミンCと共に摂取すると抗酸化作用が一段とアップします。

ビタミンEが不足すると、身体全体の老化が進み、当然腰痛もひどくなります。
また、動脈硬化の進行、手足が痙攣するなどの障害が起こり、また妊娠中の女性には流産の危険性がでてきます。

その他、ビタミンEの不足により、赤血球が破壊され貧血を引き起こす原因にもなってしまいます。
身体の免疫力も低下して、ちょっとしたことで風邪を引きやすくなったりします。

老化とは、肌の老化だけではなく、身体全体が老化するということですから、ビタミンEをたくさん含む食品を多く摂取するように心がけましょう。