老化現象が引き起こす腰痛

老化現象が引き起こす腰痛

日本人の国民病と云われる「腰痛」ですが、原因は様々です。
運動機能をつかさどる骨、関節、筋肉は、年をとるにしたがってさまざまな老化現象を引き起こし、腰痛の大きな原因となっています。

【椎間板の圧迫・軟骨部位の弱体化】

椎間板は平均で80%の水分を含み、体重を支えるクッションの重要な役割をしています。
椎間板は年齢を重ねるとともに水分が徐々に失われ、厚みが少なくなり、関節に隙間が出来てきます。
その為、関節部は不安定になり、痛みの原因となってきます。

特に40歳を過ぎると椎間板の機能が衰えることに加えて、関節の軟骨部分が徐々に磨り減っていき、姿勢も悪くなってしまいます。それに伴って腰痛が起こります。

【骨密度の減少】

加齢によってカルシウム不足が起きても腰痛の原因となります。
まずカルシウムの吸収を促進するホルモンが加齢とともに低下して、カルシウム不足がおきます。

ところが血液中のカルシウム濃度は常に一定に保たれるようになっているため、カルシウムを血液中に放出する甲状腺ホルモンが加齢とともに増えていきます。
そのため、骨のカルシウムが血液中に放出されやすくなって骨の中のカルシウムは減っていきます。骨密度が少なくなり、骨粗鬆症となるのです。

骨密度は20~40歳頃がもっとも大きく、その後加齢とともに少しずつ減少していきます。そうなると少しの圧力でも骨が潰れたり、ヒビが入るようになります。

【筋力の低下】

筋肉は加齢とともに、筋肉を構成する筋繊維数の減少と筋繊維自体が萎縮してしまうことにより、筋肉量の低下が起こります。
筋肉量の減少は20~30歳頃から始まり、脊柱を支える筋肉の中でもっとも衰えやすいのが背筋になります。背筋の力が落ちると腰痛に繋がります。

腰痛を防ぐには適度な運動が必要です。
しかし、40歳を過ぎてから慌ててトレーニングを行ったり、腰痛予防などを行っても、効果が思ったように出ない場合がります。
この年齢になる前に、若いうちから腹筋・背筋を鍛え腰痛の予防をしておく必要があるのです。

また、腰痛は、年齢に限らず重篤な疾患が隠れている場合がありますので、ちょっとした腰痛でも見逃すことなく、専門医の診察を受けて下さい。