慢性的な腰痛に効くストレッチ

慢性的な腰痛に効くストレッチ

慢性的な腰痛を患うと、腰の筋肉が異常な程張ってしまい、腰だけではなく、胃腸の働きも悪くなり、自律神経も乱れてしまいます。女性の場合は、生理不順といった症状も伴うことがあります。

特に立ちっぱなしの仕事や、重い荷物を運ぶ仕事をしている方は、長年の疲労が体に蓄積され、肉体的な疲れや負担が取れることはありません。

この位の痛みならと、その都度自分で手当をしながら腰痛を繰り返してしまうと、とうとう立ったり座ったりすることも辛くなるほど悪化させるケースもあります。

こうした事態を招かないためにも、以下に紹介する「慢性的な腰痛に効くストレッチ」を日々行って、体のケアを怠らないようにしましょう。

【慢性的な腰痛に効くストレッチ】

(ストレッチ1)
相撲の四股の形で、ゆっくりと息を吐きながら肩を捻るようにして前面に押し出し、5秒間静止してください。これを左右5回ずつ行なってください。

(ストレッチ2)
座って足を伸ばし、片方の足を曲げて反対側の外側に置き、ゆっくりと息を吐きながら、上半身をゆっくりと膝を曲げた方へ捻り、5秒間静止してください。この時上半身を肩で捻らず腰で捻るように注意してください。

(ストレッチ3)
仰向けになり、片方の足を腰を中心にゆっくりと息を吐きながら捻ってください。捻ったら膝を引きつけ、押さえてください。この姿勢で5秒間静止してください。この時、肩が浮かないようにするのがポイントです。これを左右5回ずつ行なってください。

(ストレッチ4)
仰向けになり、ゆっくりと息を吐きながら片方の足を抱えてください。止まったところで5秒間静止してください。これを左右交互に5回ずつ行なってください。