現代人の悩み・腰痛

現代人の悩み・腰痛

腰痛とは文字通り腰に痛みを感じる状態ですが、主に緊張性腰痛と慢性型腰痛に分けられます。

緊張性腰痛は、
・腰の周りの筋肉や筋膜が過度なストレスがかかり緊張状態になっておこるもの
・腰への持続的負担によるもの
・姿勢が悪いためおこるもの
・椎間関節に関連して起こる
ものなどが挙げられます。

また若い人に起こりがちな慢性型腰痛は、3ヵ月以上継続して鈍い痛みを腰に感じる
状態で、ストレスなどの心因性によるものが多いとされています。

慢性型腰痛は薬物などの投与により短期間で軽快しますが、その分繰り返し起きることもしばしばあります。

腰痛は加齢、職業、生活習慣などさまざまな要因がありますが、日本は世界と比べても腰痛の有訴率が第一位で、日本人の8割以上が生涯において腰痛を体験していることになります。

しかし多くの場合は、腰痛を訴えていても画像などの診断では異常が見られず、原因が特定されないので、多くの腰痛患者は対処療法で治療をするだけとなっているのが現状です。

腰への負担をかけないよう心がけ、軽い体操やウオーキング、入浴など生活になかで改善をはかる努力が大切です。

ぎっくり腰のように急激に襲われる緊張性腰痛であれば、急いで病院に行くのですが、じわじわと進行する慢性型腰痛の場合放置しやすく、悪化する可能性もあります。
いずれにしても早めの対処が大切です。