腰痛の仕組み

腰痛の仕組み

腰痛とはズバリ、腰に痛みを感じるものですが、体を支える脊柱(脊椎)の一部である腰椎や椎間板、腰周辺の筋肉や筋膜などに過度なストレスがかかることで起こります。

身体を支える脊柱(いわゆる背骨)は、身体の横側から見ると、生まれついてS字状に湾曲(生理湾曲)しており、支えがなければ不安定な状態なのですが、これを体の前の腹筋と後ろの強靭な靭帯で支えていて、安定性を保っています。

脊柱(脊椎)は上から7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨で成り立ち
仙骨は骨盤と連結しています。

腰椎の間には、クッションの役割をする軟骨状の椎間板があります。
腰痛は腰椎(腰骨)のほかに、椎間板、神経、靭帯、筋肉のいずれに故障が起こっても発症しますが、特に5個の腰椎のうち下の2つに大きな力が加わると痛みを発生することが多いとされています。

つまり、他の動物と比べ、人間は二本足で立ち、歩くことで腰痛を起こしやすくなった原因は、脊柱が重い上体を支えなければならず、特に腰椎に大きく力がかかることで腰痛を避けられなくなっているのです。

腰痛を感じたら先ずは安静にすることが一番です。

腰痛には原因となる重大な疾患が隠れていることがあります。
放置することで症状が重篤になる場合もありますので、様子を見て専門医を受診されることをお勧めします。