足裏健康法

足裏健康法

足裏健康法があります。

足の裏をマッサージしてツボを刺激することによって、血液循環が良くなり筋肉を健全な状態に導き、腰痛の防止にもつながります。
また、内臓機能を強化することに役立ちます。

実は足の裏は第二の心臓と云われており、身体の臓器とつながっている、所謂ツボが集中していて、身体の中で重要な働きをしています。

足つぼマッサージ健康法は、本来人間が持つ、自然治癒力の働きを高めるもので、自分の都合の良い時間に都合の良い場所ででき、しかも自分ですれば無料とあっては、健康の維持や増進にこんなに良い物はありません。

血液は心臓から勢いよく押し出されて体内を循環しているのですが、その心臓から最も遠い位置にある足の裏に送られた血液は、今度は静脈を通って心臓に押し戻されることになります。
そこで、足裏のツボをもんで刺激することで、血流をスムーズにして心臓の働きを助けることになります。

普段私達が立っている時、足の裏にはかなりの圧力がかかり、走ったり跳んだりすると体重の3倍~10倍もの圧力がかかっています。
足裏の圧力バランスが悪くなると、身体の歪みやの原因となり、日常の姿勢にも影響が出てきます。

姿勢が悪くなると腰痛をはじめ、色々な病気の原因となってきます。
日常の歩行に気を付けるとともに、自分に合った靴を選ぶことも大切です。

「自分でできる足裏健康法」

・イスに座って足の指先を床に付けて、足指を閉じたり開いたりする。あるいは足を浮かせて足指を閉じたり開いたりします。

・イスに座って、足の指で物をつかんで移動させます。

・足踏みをする・・・身体全体の筋肉を働かせ、血液を循環させ疲労を防ぎます。

・足の裏をマッサージする・・・最初に裏全体をもみほぐして、その次に痛い部分を集中的にもむと効果があがるそうです。
ツボをあまり意識することなく、全体をゆっくりと丁寧にもみほぐすといいでしょう。

・足裏を敏感にする・・・氷などのように冷たい物でくすぐると効果があるそうです。

・ウォーキング
基本は歩く時は、歩幅を大きくかかとで着地しゆっくり歩くことです。
背筋を伸ばして軽くアゴをひき、自然に腕を振って上体をまっすぐに保ちます。

「かかと」からつま先に転がすように着地し、次に親指のつけ根のふくらみを着地させます。
歩き始めはゆっくりと、フォームを少しは気にしながら行うようにしましょう。

・青竹ふみ・・・青竹を半分に割ったものに、体重をかけて踏む方法。合成樹脂製のものも100円ショップなどで販売されている。

・はだしで散歩 砂浜、芝生、踏み石、健康遊歩道などを裸足で歩きます。

・健康サンダル類の使用・・・ 健康サンダルや、100円ショップなどで売られている、突起のついたインソールを用いる方法です。

老化は足からと言われるように、足の老化は身体の様々な部分に影響を及ぼします。
先ずは足を健康に保ちましょう。