腰痛の原因と改善法

腰痛の原因と改善法

腰痛の三大原因は「骨格の歪み」「筋力の低下」「血行不良」といわれています。

例えば、前屈みの姿勢を長時間続けていたり、肩のいつも決まった片側に重い荷物を掛けていることで骨格に歪みを生じ、腰痛が起こります。
このようなことは癖になっていることが多く、意識して改善しなくてはなりません。

また日ごろの運動不足から筋力が低下して腰痛になることもあります。
締めつける下着を着用することも血行不良の原因となり、腰痛を引き起こす事となります。

さらに太り過ぎは血行不良の一因でもあり、また腰により大きな負荷がかかり腰痛になりやすいと言えます。

一度腰痛になると慢性化傾向となり徐々に悪化する場合もあります。
意識して背筋を伸ばし、バッグは肩の左右に交互にかけるなど癖を改めるようにしましょう。

筋力の低下を防ぎ血行をよくするためには、適度な運動が一番効果的です。
ストレッチやプールでの水中ウオーキングなど腰にやさしい運動をすることで腰痛を防ぎ、肥満と運動不足の解消にもつながります。

また、意外と見落としがちなのが寝ているときの姿勢です。
体が沈みこんでしまうような柔らかい敷布団は骨格が歪む要因となりますので、適度な固さがある布団のほうが腰のためには望ましいのです。