中学生・高校生のスポーツと腰痛

中学生・高校生のスポーツと腰痛

体育系の部活動をしている中学生や高校生で、腰痛を感じている子供は多いようです。

ところが病院に行って診察を受けても、検査結果などに原因らしきものはあまり出てこない事が多いのです。

CTやMRIの画像診断をしてみると、腰椎すべり症か軽いヘルニアが発見されることがありますが、痛みは、実際には部活動の運動時にのみ感じる腰痛であって、日常生活や安静時に感じることはほとんど無いのです。

CTやMRIの画像診断で、腰椎すべり症か軽いヘルニアが発見された場合には、医師の指導の下でスポーツを一時休止するなどして、治療をしなければなりません。

運動時、特に同じ姿勢を継続する場合に腰痛を感じる・・・例えば、バスケットのシュートや、野球などのバッティングの瞬間に痛みが出るなどの訴えをよく聞きます。

こうした半ば慢性的腰痛を訴える子どもの多くは腰周囲の筋肉の柔軟性が低下し、筋硬化を起こしています。
詳しく言えば、腰から首まで伸びる脊柱起立筋群の筋硬化と、骨盤と肋骨下部についている腰方形筋に筋硬化が進行していることが多く見られるのです。

加えて股関節周囲筋の柔軟性の低下もみられます。これらの筋肉のなかで特に硬結している部分を中心に痛みを誘発するので、硬結部位に集中的に刺激を与え腰周囲筋の柔軟性を改善していくことが重要です。

お子さん(選手)はもちろん、監督・指導者、親が注意して練習内容のチェック、オーバーワークによる疲労の予防などをおこなっていくことが、なにより重要な慢性腰痛対策になるでしょう。