中学生・高校生のスポーツとストレスによる慢性腰痛

中学生・高校生のスポーツとストレスによる慢性腰痛

中学生・高校生のスポーツとストレスによる慢性腰痛
 
スポーツをしている子どもの多くが訴える慢性腰痛は、腰周囲の筋肉の柔軟性が低下し、筋硬化を起こしていることに原因があります。
取り分け強豪チームの選手であれば、その練習量は想像以上で、身体への負担は日々蓄積されているのです。

中学生・高校生の筋硬化は、大人に比べるとまだ初期の状態であり、大人のように腰周囲の筋肉がガチガチに凝り固まっているというほどでもなく、身体の腰以外の部位と比較してみると硬い、という程度です。

若いうちは一部分のみが悪いということが多く、硬化により痛みが誘発される部位以外はほとんど正常な場合が多いのです。

さらに腰の問題と併せて股関節の柔軟性もチェックしておくことが重要です。
腰痛が部活動などの運動時にのみ起こる場合は股関節などの動きにも問題があり、その股関節の悪さを腰で補っていることから腰への負担が増していることも多いのです。

練習時に同じ姿勢を長く続けることも腰痛を誘発させる原因の一つですが、意外なことは
「ストレスに伴う痛み」であることも多いのです。
思春期世代は感性に富み、さまざまなことを敏感に受け止め、悩むことも多いもので、それとハードな練習が重なると、ストレスは大きくなってしまいます。

腰痛対策として筋硬化と柔軟性低下を改善するとともに、練習内容・程度についても果たして適切かどうかなどチェックすることも重要ではないでしょうか。