筋肉が原因となる腰痛

筋肉が原因となる腰痛

腰周辺の筋肉も腰痛の原因となります。正常な腰椎は前にカーブしていますが、このカーブが大きくなると、腰椎を圧迫するようになります。そのために腰痛が引き起こるのです。また、背骨を支えている腹筋と背筋が弱くなると、腰椎がゆがんで、腰痛が起こりやすくなります。腹筋の代表格は腹直筋で、腰を前に曲げるときに働きますが、この腹直筋の働きによって、腰を曲げたときに腰椎のカーブが深くならずにすむのです。一方、背筋は腰を反らせるときに働く筋肉で、背筋が弱くなると腰椎のカーブが深くなります。しかし、どちらが強すぎても腰椎は正常な位置を保つことはできません。腹筋と背筋がともに同じくらい丈夫であることが必要なのです。

原因のはっきりしない腰痛症の場合、筋肉が原因で起こることが多かったりします。たとえば同じ姿勢を長時間続けていると、腰の筋肉に大きな負担が掛かり腰痛が起きます。これが慢性化すれば、筋肉の緊張がつづき、筋肉内の血液の流れが悪くなって老廃物が筋肉にたまり、さらに痛みが増すという悪循環を繰り返します。運動不足になっていたり、筋肉疲労でも腰痛が起こることがあります。また、筋肉が炎症を起こす筋膜炎が腰部で起こると腰痛になります。