腰痛と腹筋トレーニング

腰痛と腹筋トレーニング

腰痛の改善には「腹筋や背筋のトレーニングがよい」とよく言われますが、その是非については今のところ充分な検証がなされていないのが現状です。
しかし、腰痛に効果があった事例があることも確かです。

腰痛の原因はさまざまなので一様に「腰痛には腹筋・背筋のトレーニングがよい」といっても、どのような腰痛に効果があるのかわからないのです。
腰痛全般に対して最も重要なのは、腰部の柔軟性と適切な日常生活動作・姿勢です。

腹筋・背筋のトレーニングの効果は適度な運動によって腰部の柔軟性が得られることにあるのかもしれません。しかしながら、筋トレも誤ったやり方では逆に腰痛の原因にもなります。

最近、仰向けになって腹筋トレーニングをする場合「膝を立ててすること」という指示がかなり普及してきました。
その理由は、正常な腰椎は通常、前彎していて、腹筋トレーニングをすると腰椎を後方へ押し出すようになり、カーブに逆らうため腰椎に大きな負担がかかって腰を痛めることになるのです。

そこで、あらかじめ腰椎の前彎を減少しておく必要があるのです。その方法として、膝を立てることで股関節を屈曲させ、腰椎の前彎カーブを緩やかにしておくことができるのです。
仰向けになって腹筋トレーニングをする場合は必ず膝を立てた状態ですることが重要なポイントです。