腎臓が原因となる腰痛

腎臓が原因となる腰痛

腰痛の多くは整形外科的な病気ですが、内科的な病気がまぎれていることがあります。腰の腹部と内臓の間には後腹膜という場所があり、腎臓、膵臓、尿管などがあります。これらは腰に近い場所なので、これらの臓器に異常があると、腰痛として痛み出すことがあるのです。

腎臓の場合ですと、腎盂腎炎という感染症で腰痛をよく訴えることがあります。腎盂や腎臓そのものに細菌が感染して急激に起こる病気です。寒気や震えを伴った高熱、腰や背中の痛み、尿の混濁といった病状がみられるほか、尿に血液が混じることもあります。

腎盂腎炎は細菌による感染症ですが、元々健康な体の腎盂には細菌は存在しません。尿道、膀胱、尿管などから細菌が侵入して炎症を起こすのです。腎盂腎炎の原因となる細菌は、90%が大腸菌によるもので、感染者は女性が圧倒的に多いです。その理由として、女性は男性と比較して尿道が短いこと、尿道と肛門の距離が近いこと、が原因で大腸菌の感染が起こりやすいのです。

腎臓が原因となる腰痛が発生する腎盂腎炎という病気は、内科あるいは泌尿器科でよく扱うものです。