検査しても原因がはっきりしない腰痛症

検査しても原因がはっきりしない腰痛症

腰は文字通り体を支える要であり、大変重要な機能を持っています。
日本人は国民病といわれるほど腰痛の悩みを抱える人は多いものの、その8割以上が検査では原因がはっきりしません。

腰痛には大きく分けて、レントゲン検査などの画像診断で原因がわかる「目に見える
腰痛」と、原因がはっきりしない「目に見えない腰痛」があります。

「目に見える腰痛」は原因が特定され、腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症、椎間板
ヘルニアといった個別の疾患名がつきます。

一方、画像診断や血液検査で異常がないのに腰が痛い、また、体を動かすと腰が痛むが原因が特定できないなどの「目に見えない腰痛」は総称的に「腰痛症」と呼ばれ、こうした痛みに悩まされている人は腰痛で悩む人全体の8割以上にのぼると言われています。

理由のはっきりしない腰痛にも、痛みを引き起こすさまざまな要因があります。
例えば、座り方や立ち方などの姿勢の歪み、運動不足、肥満、ストレスなどの要因が複合的に重なり、慢性的な腰痛の原因になっている可能性が考えられます。

そして、老化などにより椎間板の質量や弾力が低下することも腰痛の一因となります。これは一部の「目に見える腰痛」にも関係します。

腰痛予防の基本はゆがんだ姿勢の矯正や運動不足の解消、肥満予防・解消、栄養面などに気を配ることが大切です。

特に中高年世代は、加齢とともに減少する椎間板成分である、コラーゲンやカルシュウムが不足しないよう心がけたいものです。

正しい姿勢で適度な運動を行う事は、ストレス解消になり「目に見えない腰痛」改善にとても効果的です。