寝起きに起こる原因

寝起きに起こる原因

寝起きに慢性的に腰痛を感じるようであれば、腰に負担が掛かっている姿勢で寝ている可能性があります。少しでも腰に負担を減らすように、寝る姿勢について注意しましょう。

腰に負担がかからない寝かたを挙げるならば、腰椎の前弯がとれるような寝かたがいいです。例えば、横向きに寝て少しひざをかかえるようにすると、上手に前弯をとることができます。また、仰向けに寝る場合には、ひざの下に枕や毛布を丸めて入れ、ひざが曲がるようにすると前弯がとれます。これは急性期の腰痛にかぎらず、慢性期の腰痛にも有効な場合があるので、試してみるといいでしょう。仕事の途中で横になれるようなときも、このような姿勢で休むと腰の疲れが早くとれるでしょう。

寝るときに使用する寝具は、あまりふわふわしたものは避けてください。腰が沈んでしまって前弯がとれず、腰にとってかえって悪い影響がある場合があります。ベッドならば、やや硬めのスプリングのついたマットを選ぶようにしてください。