座り方を注意して改善しよう

座り方を注意して改善しよう

座っている姿勢」は腰痛の危険分子ともいえます。座る姿勢が悪いとなおさらですが、よい姿勢であっても、腰痛のときはあまり座らない方がいいでしょう。しかし、職業柄そういうわけには、いかないといった人もいるでしょう。そんな一日中座りっぱなしがちな人へのアドバイスとして、座りっぱなしにしない、ということです。例えば、仕事であっても、少し休憩をとったり、伸びをしたりすることはできるはずです。

また、一日のうち、座っていることが多い人は、イスにこだわったほうがいいかと思います。一般的にすすめられているイスの高さは、座った状態で足が床にぴったりとつき、ひざがおしりよりわずかに高くなるくらいといわれています。この高さであれば、足がぶら下がって腰椎の前弯が強められることもなく、低すぎて前かがみになることもないからです。腰椎のことを考えた特別なイスも販売されています。腰痛がひどいようであれば、購入を検討してみるのもいいかもしれません。

姿勢については、あごを引いて背筋を伸ばすことが重要です。足を組む姿勢も、腰椎の前弯をやわらげる方法の一つです。足を組み替えると、同じ姿勢を続けることによるストレスをやわらげることに繋がります。寒い時期には、筋肉が緊張し硬くなるので、おしりや腰の保温に気をつけましょう。座布団や携帯用カイロなどを上手く利用するといいでしょう。