腰痛体操をして病状を改善

腰痛体操をして病状を改善

以下に一般的な腰痛体操を紹介します。それぞれの運動を3~5回行なってください。腰痛体操をする時間を決めて習慣づけて、長続きするようにしてください。

※急性の腰痛のときには、絶対に行わないでください。慢性期には、腰痛体操をどんどんやりたいところですが、腰に違和感を感じ、腰痛の予感がする場合には控えた方がいいでしょう。特に腰部の違和感だけでなく、臀部や足のほうへ痛みが響く症状がある場合は、前かがみになる姿勢は避けてください。

【腰痛体操 おしりと腹筋の筋力強化】
(運動1)
仰向けの姿勢でひざを立てる。両手をへそか腰部の骨にあて、力を入れてください。

(運動2)
肛門を引き締めるようにおしりに力を入れて腰を浮かせてください。この時へそを覗くように頭を持ち上げてください。

【腹筋の強化】

(運動1)

①仰向けに寝て、両手はほおにつけて、ひざを立てください(肩幅くらいに開いてもよい)。この姿勢になったら、鼻から息を吸い、口からゆっくり吐き出してください。(腹式呼吸)

②反動をつけないでゆっくり起き上がり、5秒ほど静止してください。無理な場合は、肩甲骨が少し離れる程度でも構いません。

③最初の姿勢に戻してください。ただし頭は、少し浮かせるようにしてください。

【腰の筋を伸ばす】

①両足を両手でつかんでください。

②ひざが胸にぶつかるところまで抱え込んでください。(足を開くと楽です)

③この際、両膝を開いて脇の下につくように抱え込めれば一層効果的です。

【おしりと背筋の筋肉強化】

①全身をリラックスさせて、うつ伏せになり、手を体の脇にそえてください。

②頭を上げ、上体をゆっくり反らせていってください。そのまま5秒ほど静止してください。この際、足が上がらないように注意することがポイントです。