過剰な腹筋運動は腰痛改善に逆効果になる?

過剰な腹筋運動は腰痛改善に逆効果になる?

腰痛にもいわゆる「ぎっくり腰」のような急性のものや、筋性腰痛症に代表される
慢性のものがありますが、腰痛になって初めて「腰って、こんなにも色々な姿勢や
動きに関係しているのか!」と思われた方も多いと思います。

ぎっくり腰のときなど足の指や手を動かすだけでも腰に痛みが走ったりします。
腰痛に関することで良く見聞きする事で「腰痛の改善・予防には腹筋・背筋を鍛えればよい」という事があります。
実は、これは100%正しい情報ではなく、すべての人にあてはまるとはいえないのです。

腰痛はもともと腹筋・背筋が弱って起こるものではないのです。
腰椎を支えるためには腰の筋肉だけでなく、前面のお腹の力も大切です。それで腰痛には腹筋運動が良いといわれるようになったのではないかと思われます。

確かにお腹が腰椎を支えていますが、支えているのは腹筋ではなく腹圧、つまり腹腔内の圧力なのです。
腹圧は呼吸と深く関係していて、呼吸が浅いと腹圧が弱くなります。
腹圧を強くするにはお腹の筋肉、つまり腹筋が柔軟で弾力があることが大切です。

過剰な腹筋運動などをすることで、逆に腹筋が硬くなってしまい、弾力性を失うことで腹圧も弱くなってしまうことがあります。
そういうことからも腹筋運動を過剰にしてしまうと、腹部の筋肉を硬直させてしまい、腰痛改善としては逆効果となります。

ただし、腹筋があまり弱くても腰を支えきれないのである程度の腹筋運動も必要です。
腹筋はむやみにやりすぎることは避けて、無理のない程度を心がけましょう。