腰痛を改善するグッズ

腰痛を改善するグッズ

腰痛を改善するグッズで代表的なものとして、コルセットや腰痛ベルトがあります。市販のものも多く出ているので症状がつらいときには利用するとよいです。

コルセットと腰痛ベルトの違いは、幅やサポート力、動きやすさです。使い方や目的はどちらも同じで、腰に装着することで腰椎を安定させ、ひねったり、反ったりという腰痛を引き起こす動きを制限します。また、装着すると腹圧が高まり、腹壁が強化されて腰椎や椎間板への負担が軽減します。

コルセットや腰痛ベルトを使用していいのは、腰痛からの回復期です。腰痛があっても立ち仕事をしなければならない、というときには大変役に立ちます。

しかし、コルセットや腰痛ベルトに頼りすぎてはいけません。長期間連用していると腹筋や背筋が低下したり、動きにくさから運動不足に陥ることも多いので、使用は1~2ヶ月以内を目安にしてください。急に外すのが不安な人は、日中だけ装着して夜間はやめるようにし、徐々に使用時間を減らしていくといいでしょう。

【コルセット・腰痛ベルトの使用上注意】

①体に合うものを選ぶ

コルセットはサイズを測って、自分の体に合わせて作製しましょう。市販の腰痛ベルトは、いろいろな形、素材、サイズがあり、留め方も異なります。自分の体型に合い、使いやすいものを選びましょう。

②正しく装着する

ウエストから腰にかけて装着し、おなかを締めます。ずれたり、ねじれなどがないように注意してください。装着後は、立ったりしゃがんだりしてみて、違和感がないかチェックしてみましょう。

③使用は1~2ヶ月以内にする

長期間使っていると、かえって腹筋や背筋を弱めることになるので、使用は1~2ヶ月以内にしましょう。その後は、痛みが生じたときだけ使うようにするといいでしょう。