女性の腰痛~妊娠中の腰痛

女性の腰痛~妊娠中の腰痛

腰痛は「重いものを持つことが多い」「姿勢が悪い」「座っている時間が長い」など、腰への負担とストレスが大きな原因と言われています。

また、妊娠中の腰痛の原因には一般的な腰痛の原因のほかに、ホルモンによる影響が大きいことも挙げられます。

女性ホルモンの一つ「リラキシン」は卵巣ホルモンの一種ですが、分泌される時期は「月経前」「妊娠3ヵ月~産後2~3日」と言われます。

「リラキシン」の作用は関節を緩めることです。「リラキシン」の分泌によって月経前や妊娠中から産後には骨盤に限らず体中の関節を緩めることもあるのです。
その中でも、最も腰痛に関連深いのが、関節を強く支えている「靭帯」を緩めてしまう事です。

靭帯が緩むと関節の可動域が広がり、関節を支えるために他の組織の筋肉・腱へのストレスが大きくなるのです。
特に、妊娠するとお腹が前に出てきますので、脊椎のS字湾曲が乱れ、腰への負担が大きくなってしまいます。

さらに「リラキシン」の影響で関節が緩くなると、筋肉・関節に平常以上の負担がかかることが妊娠中の腰痛の大きな原因となるのです。

妊娠中ということで体を動かしにくくなることも運動不足となり腰痛の原因になります。
妊娠中の腰痛を軽減するには、やはり適度な運動が効果的だと言えます。

妊娠中の運動として、ヨガやアクアスポーツも良いといわれていますので、医師や専門家と相談の上取り入れてみるとよいと思います。