腰痛改善をサポートするグッズ【杖】

腰痛改善をサポートするグッズ【杖】

腰痛の治療の一環として、欠かすことのできない運動療法ですが、誰もが気軽に取り組める運動といえば、歩くことです。ただ歩くだけでも、さまざまな機能が活性化し、体重の増加を予防できるため、腰やひざの痛みを遠ざける効果があります。とはいえ、実際に腰が痛いときには、歩くことさえ億劫になってしまうでしょう。そこで腰痛改善の運動をサポートするグッズとなるのが、歩行補助用杖です。杖を使って歩けば、体重が3点に分散されるので、両足にかかる負担が軽減されるのです。

杖は、足が痛むなら痛むほうの足の反対側の手に持ち、痛むほうの足と同時に前に進めます。そうすることで、歩行は格段と楽になります。

杖の長さは、先端を足先から前へ15センチ、外側へ15センチの位置についたとき、腕が30度くらいに曲がり、握りの部分が足の付根にくるくらいが適当です。長すぎても短すぎても疲れてしまうので、よく考えて選ぶ必要があります。

杖を使うことに抵抗がある人もいるかと思います。しかし、最近の杖は種類が豊富で、若い人向けのオシャレなデザインのものも少なくありません。さまざまなタイプのものが市販されていますが、素材が軽くて、持ち手がT字型やL字方のものが使いやすいでしょう。よりしっかりとした支えが必要な場合は、腕を通して固定できるタイプのものがオススメです。

杖を使えば歩けるのに、杖が恥ずかしいから歩かないというのは残念なことです。ぜひ、積極的に杖を利用して、少しでも体を動かす習慣をつけてください。