知っておきたい腰痛のメカニズム

知っておきたい腰痛のメカニズム

背骨は積み木のように積み重なっている24個の「椎骨」と、椎骨と椎骨との間でクッション材の役割をする「椎間板」から成り立っています。
24個の椎骨のうち、下から5個を腰椎といいます。

背骨の中央には脊髄神経(腰椎のあたりからは馬尾神経となる)が通る縦に長い「脊柱管」という孔があり、「椎間関節」という関節がそれぞれの節にあり、腰をかがめたり伸ばしたりなどの動きができるようになっています。

以上はおおまかな構造ですが、腰痛が起きるときには、これらの構造を支える靭帯や筋肉、それを機能させる神経なども関わります。

腰椎には上半身の体重が大きな負荷となってかかってくるため、損傷しやすい部位といえます。

何かの原因によって椎間板が飛び出してヘルニアになったり、脊柱管を狭窄し神経を刺激する状態になると、腰痛や下肢痛、しびれなどの症状がでてきます。

また、日常多くみられる腰痛のように、筋肉の疲労により腰を支える筋肉の力が低下すると、血液循環も悪くなり痛みを出す物質が増え、筋肉の緊張も強まります。
そして、腰部の不快感や痛みが繰り返して起こるようになります。

腰痛は他の病気のサインにもなります。
内臓疾患などが原因で起こる場合もあり、健康管理のためにも知っておくことが必要です。