コルセットによる効果

コルセットによる効果

急性腰痛の場合は、腹筋や背筋などの補助となるコルセットを巻くと症状がやわらぎます。コルセットで腰痛が治るわけではありませんが、悪化を防ぐ効果があるので、使用することをおすすめします。

コルセットには金属や硬いプラスチックなどでできた硬性コルセットというものがありますが、これは背骨の骨折や手術後の治療に使用する特殊なものです。一般的には、やわらかい布やゴムなど、弾力性のある素材でできた軟性コルセットを使用します。これは、もともと美容目的で作られたものですが、腹圧を上げ、腰椎をしっかりサポートしてくれます。

コルセットの選び方ですが、一般的にがっちりしたものほど支えるい力があるものの、着け心地は悪くなります。着け心地か、機能を選ぶかは、人それぞれになるかと思います。自分が動きやすいと思うものを、ライフスタイルにあわせて選ぶといいでしょう。

ただ、長期間のコルセットの使用は腹筋、背筋の低下につながり、かえって腰に悪影響を及ぼします。不要なときは、意識してコルセットをはずし、なるべく使用期間を短くしましょう。

慢性腰痛の場合や、年齢的にみて、今後筋肉が強くなることがないと考えられる人は、なるべくコルセットを使用しないようにしましょう。外出時に、つえのように腰を支えるものとして使用するのはいいですが、日常的に使用するのは避けたほうがいいでしょう。かえって筋肉が弱り、更なる腰痛を引き起こす原因にもなりかねません。