腰痛 薬での治療

腰痛 薬での治療

腰痛における薬物治療の主役は鎮痛剤ですが、筋弛緩剤もよく併用されます。

鎮痛剤の種類は非常に多く、それぞれ特徴があります。代表的なものとして、ロキソニン、ボルタレンなどがあります。

一般的には内服薬を使用しますが、痛みが強いときには腸で吸収される坐薬が効果的です。

消炎鎮痛剤は、痛みを抑えるためのもので、内服薬と坐薬、外用薬があります。

内服薬は胃に負担がかかることが多いので、痛みに耐えられるのであれば、多用は避けたほうがいいでしょう。

坐薬は腸で吸収されますが、内服薬と同じく胃に負担がかかるので、多用は避けたほうがいいです。

筋弛緩剤は筋肉の緊張をやわらげる薬です。痛みが強いときは、筋肉のこりも強くなります。

筋肉のこりが強くなると、筋肉内の血流が低下し、さらに痛みが強くなるという悪循環に陥ります。筋弛緩剤は、この状態を改善するのに有効です。また、筋弛緩剤と鎮痛剤を併用することにより、鎮痛剤の効果が増します。

筋弛緩剤でよく使われるものとしてはミオナール、テルネリン、リンラキサーなどがあります。

各種の湿布剤や塗り薬などの外用薬も、薬物療法と考えてもいいでしょう。外用薬は冷やしたり温めたりということより、鎮痛剤を皮膚から吸収させ、局部の痛みをとることが、主な目的になります。

心因性の要員が大きい腰痛の場合には、精神安定剤が併用されることもあります。

この場合は、精神安定の効果を併せ持つデパスなどもストレスの多い人には効果的でよく処方されます。