腰部脊柱管狭窄症の手術について

腰部脊柱管狭窄症の手術について

腰部脊柱管狭窄症は、悪い病気ではありませんので、対症療法を中心とした保存治療が治療の基本です。しかし、足のマヒや排尿・排便のコントロールが悪くなった場合には、手術が必要となります。また、痛みの程度が強く、保存療法では限界があるときにも手術が選択されます。手術は、圧迫されている神経を開放する神経除圧術が基本となりますが、すべり症などをともなう場合には脊椎固定術という手術も併用されます。

【椎弓切除術】

椎弓切除術は、神経除圧術の代表的な方法です。この手術法は、脊柱管のなかで圧迫されている神経を開放するために、骨や椎間板や靭帯を削り取るというものです。

腰椎の後ろの部分である椎弓は、ある程度であれば削り取ることが可能です。削っても背骨の体を支える大切な働きには影響がでることもありません。

腰部脊柱管狭窄症の状態によって、狭い範囲の椎弓切除で済む場合と、広い範囲の切除が必要な場合があります。範囲の広さや手術前の状態によって、手術後の痛みや安静期間は変わってきます。一般的にいって、遅くても5日以内には立ち上がれるようになります。

【開窓術】

開窓術も神経除圧術のひとつです。基本的には椎弓切除術と同じですが、削り取る骨をなるべく少なくする手術法です。神経の圧迫のある部分のみを削り取ります。

必要なところだけ骨を削るので、すぐれた手術法と考えられますが、術後の痛みや安静期間はなどははっきりしません。