ぎっくり腰について

ぎっくり腰について

ぎっくり腰は、腰に急激な力がかかったり、ひねったりしたときに起こります。

ただ、ぎっくり腰は病名ではありません。何か重たいものを持ち上げたときなどの起こる急激な痛みを総称して、ぎっくり腰といいます。

なかには、椎間板ヘルニアの前ぶれという場合もあります。まずは、安静にして痛みが少なくなるかどうかを判断する必要があります。1~2週間位たってもよくならない場合は病院で受診することをおすすめします。

痛みがやわらいできた場合は、主に捻挫や軽い肉離れが考えられます。肉離れは一種の筋繊維の断裂です。よく筋を違えたといいますが、日頃使わない筋肉に大きな力がかかったことにより肉離れが起こるのです。軽度から重度まであり、程度によって痛みがひく時間も異なります。

ぎっくり腰になったときは、安静にすることが一番です。痛みがやわらぐようであれば、どんな姿勢や格好でも構いませんので、ゆっくり寝ているようにしましょう。忙しいからといって、痛みを我慢して動きまわると、症状を悪化させることになります。

急性の場合、2~3日患部を冷やしましょう。その後は、効果があれば、冷湿布でも温湿布でもどちらでも構わないです。自分が楽だと思う方を使用しましょう。

動けるようになってきたら、筋肉の補助としてコルセットを使用するといいです。腰痛が治るわけではありませんが、ずいぶんと楽になります。コルセットは市販のもので構いません。ただし、長期間使用すると、腹筋、背筋などの筋力低下に繋がりますので使用期間は注意してください。