ぎっくり腰への対処法

ぎっくり腰への対処法

ぎっくり腰のような急性腰痛の場合、突然の激痛にパニックになってしまうことがあります。あわてずに、まずはゆっくりとしゃがんで横になるなど冷静に対応しましょう。安静にすることがなにより大切です。

患部は2~3日冷やし、痛みがおさまってきたら、携帯用カイロや熱いタオルなどで温めてあげるのが一般的です。温めると血行がよくなり痛みが軽くなります。

また、痛みがおさまるまでは、ひざの下に枕や座布団を入れたり、足を台の上にのせたり、横向きに体を丸めて寝るなど、痛みがやわらぐ楽な姿勢で安静にしてください。

自分で楽だと思う姿勢であればどんな格好でも構いませんが、うつぶせの体勢は痛みが増すので避けてください。

ぎっくり腰には、腰をひねる、軽い肉離れなど、筋肉、関節などに原因があることが考えられます。腰部に軽いねんざや肉離れであれば、3~4日ゆっくり寝ていると痛みはやわらいできます。中高年の人でも、1~2週間もあれば痛みは消えるかと思います。

しばらくして少し動けるようになってきたら、筋肉の補助するものとしてコルセットを使ってみるのもよいでしょう。痛みが軽くなり、動くときの痛みを緩和する効果があります。コルセットは市販のもので構わないです。