腰痛にいいマットレスなどの寝具

腰痛にいいマットレスなどの寝具

慢性的な腰痛をかかえている人にとっては、ふとんがいいのか、ベッドがいいのか悩むところですが、腰のことを考えるとなら、ベッドに軍配が上がるといえるでしょう。

若い人の場合は、たいした違いはないと感じるが、高齢になり、足腰が弱くなってきたら、ベッドをおすすめします。ふとんのように上げ下ろしする必要もなく、床につくときも起き上がるときも、ベッドのほうが断然楽だからです。

最近は、やわらかすぎる、マットレス、ベッドはよくないというのがほぼ常識になっています。これはやわらかすぎると、寝返りが打ちにくいからです。

人は寝ているとき、同じ姿勢でいると、背骨や背筋腹筋などの代謝に悪影響がおこるため、無意識のうちに寝返りを打つものです。ところが、体が沈み込むようなやわらかい寝具では、うまく寝返りが打てず、同じ姿勢で寝続けることになってしまうのです。

では、硬ければ硬いほどよいのかというと、そうではなく、やはり適度な硬さが望ましいでしょう。

ただ、現在市販されているマットレス、ベッドには、硬すぎたり、やわらかすぎたりするようなものは、まずありません。

背骨のカーブに最適なもの、人間工学に基いて設計されたもの、などいろんな効能をうたったものがあるが、寝てみて気持ちのよいものがその人にあったベッド、マットレスと考えて間違いないでしょう。

このことは、枕についても同じです。枕を選ぶときは、頸椎のわん曲を考え、その人にあったものを選ぶことが大切、と宣伝している商品をみかけます。

しかし、重病人でもない限り、一晩中ずっとあお向けに寝ているということはありません。横向きになったら、頸椎のカーブはまったく変わってしまいます。ですから、枕と頸椎のカーブは、あまり関係ないものと考えていいともいわれています。

枕にも、高さ、硬さ、素材などいろいろと選ぶときの要素がありますので、自分の好みにあった寝心地のいいものが一番でしょう。